管楽器大阪

カート

管楽器専門店スタッフブログのページです

此処数ヶ月(ごく最近)管楽器の値段が上がっていますがご存知でしょうか?

2022年3月10日号

今回は当店でも取り扱っている各ブランドの管楽器や管楽器関連商品の価格改定について考えてみたいと思います。
賛否両論数多有る所ですが、あえてこのことを話題にして何かのきっかけにして頂けましたら幸いです。
こんなことを書いていると襲撃されるかもしれませんが、物の値上げには色んな理由があろうかと思われますし、消費者側は買わなくなると思われます。
楽器店も一消費者です。
楽器小売店はお金を払って楽器を買うのです。!

物やサーヴィスの価格上昇と収入の減少

過去のTVのニュースでもご存知の通り日本人の平均年収とされていた数字は東証一部上場の会社の中の僅かの件数から産出されたごくごく一部の人たちの年収であったようで、現在たまにTV報道される平均430万円前後というのも疑わしいと私は勝手に思っております。
年収が高ければ楽器が値上がりしても購入できるかもしれません。
ケースバイケースではありますが、仕事をして稼いでいないのに年収がずっと高いままというのも『いつまで続くのか?』と不安になるかもしれません。
基本的に俗に言われる先進国の中では貧しいのが日本です、管楽器のメーカーの場合日本市場を考慮して商売しているところはほとんどないのでは無いでしょうか!。
他の国の人たちは日本人よりも収入が近年puしていますのでそれに伴って上がっているかのように値段が上がっており(外国でも上がっているのを確認しています)ますが、日本の場合は新型冠状病毒の流行もありどちらかというと収入は不安定で下がり気味が大多数と思います。

Aクラリネット販売店大阪

どうして物やサーヴィスの価格は上がるのか?

意外と理由は簡単で一部の人が公共性を重視せず損をしたくなかったり儲けたかったりするから価格は上がり下がりします。
また、どうして『外注工賃がこんなに安いのか?』と思ってしまうことも多々ありますが、管楽器につきましてはメーカーの下請けのところの価格も上がっていることを希望したいと思います。
日本だけ見てないで、どうか世界を見ていただければと思います、日本は貧しいのです、金銭も心も。
そのことに気づかず、『生活できているから〜』と有る意味守るべきものがある人などは身動きできずどうしても思い切った行動に出ることができない様子です。
生きるために必要な物やサーヴィスの価格が上がると、当然楽器にはお金が回らないわけで、管楽器売り上げも年々歳々減少傾向数量も減っています。
メーカー側は『材料費用が高騰したから緊急値上げ』『モデルチェンジ』等々、理由をつけてあげれますが、買う側は大変です。
したがって今後もますます「我慢できるものは買わない」方向性となる事が見込まれますので、日本においては新品商品楽器が売れなくなると思います。
正直、価格を操作している人間からすると、日本の市場(日本での販売)はどうでも良いはずです。
ただ、此処へきて物価が急激に上がりますので賃金の方も少しだけ上がる可能性がありますが、企業側は無理をしてあげてくるはずなので何時迄保つのかが、ポイントでしょうか?。

過去のブログ(平成時代)
ホルン中古関連情報 店頭で在庫して居るフレンチホルンのご紹介です。
チューバ中古情報 店頭で在庫して居るチューバのご紹介です。
ファゴット情報 店頭で在庫して居るファゴットのご紹介です。
オーボエ中古 店頭で在庫して居るオーボエのご紹介です。
チューバ中古 店頭で在庫して居るチューバのご紹介です。
クラリネット中古関連 店頭で在庫して居るクラリネットのご紹介です。

クレジットカード取り扱い

クレジットカードでお支払い

ショッピングクレジット

無金利ショッピングクレジット分割払い

アクセス抜群!管楽器専門店ヴェリバ

管楽器大阪

大阪府公安委員会

第621150163284号
中古品を取り扱う企業にはwebトップページでの表示が義務付けされています。

管楽器専門店Valoir

TEL:0648624457
受付:10:30〜19:30 
定休日:なしです

お問い合わせ(メールフォーム)

買った後も安心!

管楽器大阪